アンチエイジング効果を得るには、老化の原因となる酸化を防ぐ効果のある抗酸化作用のある栄養素をとって、
美容の大敵である老化をコントロールすることが必要です。
サプリメントで補うのもありですが、毎日の食生活を見直して改善することは意外と簡単なのですよ。
抗酸化の酸化とは、体内に発生した活性酸素が増加して、体に悪影響を及ぼすことです。
体が酸化すると、細胞が老化するので、当然のようにお肌もトラブルを起こし、高血圧や糖尿病などの生活習慣病などにもつながります。
野菜などに多く含まれる抗酸化物質をとることで、活性酸素を除去して酸化を防ぐ働きが期待できるのです。
もちろんアンチエイジングだけでなくて、がんの予防や骨粗しょう症の予防なども期待できるのは言うまでもありません。
抗酸化物質の主なものは、ビタミンA、C、E、ポリフェノール類では、イソフラボン、アントシアニン、フラバノン、
カロテノイド類では、リコピンやアスタキサンチンなどがあります。
これらの栄養素が豊富なのは、ブルーベリー、ぶどう、いちごなどの果物類や、ごま、トマト、緑茶、大豆、にんじんなどで、
キャベツやピーマン、アーモンドや蕎麦、大根なども、抗酸化物質が豊富な食べ物です。
また、発酵食品もアミノ酸などが含まれていて、味噌や納豆など、大豆製品はアンチエイジング効果がある優れものです。
そして卵は、必須アミノ酸9種類に加えて、約20種類のアミノ酸がバランス良く含まれているうえに、
ビタミン、ミネラル類も豊富な、ほぼ完全食品と言ってよい栄養満点な食べ物なんですね。
もちろん、スーパーフードと言われる、アサイーとかケールなどもおすすめですが、
日本のスーパーフードと言われる梅干しや納豆、みそなどの身近な食材の方が続くと思います。
注意したいのは、生のままで取った方が栄養素が壊れにくいものと、加熱した方が栄養素が吸収しやすいものなどがあることで、
その辺を注意してお料理されるといいと思います。
一日3食きちんと規則正しい時間に食べて、わかめや野菜をたっぷり入れたお味噌汁と卵をいただくだけでも、
アンチエイジングの効果はあると思います。
野菜には植物繊維も多く含まれているので、お通じをよくすることで腸を活性化する効果もあります。
腸が活性化すると自己免疫力が高まって、風邪や病気予防にも効果があり、お肌も美しくなること請け合いです。
スーパーで売っている一般的な野菜を意識してとるだけで、簡単にアンチエイジング効果のある栄養素の摂取ができるのです。
ぜひ毎日続けて、いつまでも若々しく健康であり続けましょう。

 

おすすめアイテム:すっきりレッドスムージーの効果に驚愕!?