自分のやりたい目標が決まっているのに作業に集中できずにぶれてしまう原因とは、いったいなんだと思いますか?

 

その原因を自分の中で自覚して改善していくことでより早く目標達成を実現させることができます。

 

なかなか作業に集中することができない。

 

やらなきゃいけないことはわかっているのに作業ができない。

 

続けなきゃいけないとわかっているのにできない。

 

今もしこうした問題を抱えている人であれば以下の項目を意識して改善していくことで目標を達成できる自分に変わっていくことができるかもしれません。

 

あちらこちらにぶれてしまう3つの原因

①そもそも作業内容が見えていない

自分の達成したい目標が定まっているとしても作業に集中できない理由はそもそもやるべきことがわかっていないということが考えられます。いやいや、、わかってるよ 当たり前だろと言う間に少し考えてみてください。自分が絶対にやりたいことを目標にしているわけです。

 

そして、それまでの手順が細かく見えて分かっているなら それをやりきるだけですよね。日々の疲れや仕事でのストレスで精神状態が良好ではないというさまざまな理由で作業ができないこともあるかもしれませんが、目標までのやるべきことが全て明確に見えているならあとはやり通すだけですね。

 

例えば資格試験の勉強ということにします。資格試験に受かるためには日々答案練習をこなしていくことが重要です。答練を日々こなして、できるようになれば 本番の試験もできる可能性が上がりますからね。それを前提として知識を身に付けていくことが試験までに絶対必要なことです。答練に出てくる問題全てを知るぐらいのつもりで取り組んでいかなければトップ10%の合格ラインに入ることはできません。

 

②目標そのものが絶対にやり遂げたいことではない

その目標自体が自分のやり遂げたい目標ではないと言うことが考えられます。目標をありありとイメージしてその達成後の生活や自分が本当になりたい自分であれば、、どんなに体が疲れていても、やりたい!と思えてくるはずですよね。もちろん理想論通りいかないのは人間の体ですが、それでも気持ち一つで体が動くと言うことはあるはずです。

 

例えば大好きな女性がいたとして、その女性からデートに誘われたとしたら、どんなに疲れいても、日程がぎりぎりでも日程を開けてデートの日を設定しちゃいますよね。

 

人には本来そのような力があるものです。強い強い気持ちが働けば体は自然と活力が入り動いてしまうもの。

 

この力を目標達成のための行動に向けていければ、、ぶれると言うことすらなくなります。

 

③疲れや精神的疲労による原因

どんなに立派な精神論を述べても やはり、肉体疲労がピークを越えていたり、精神状態が大きく乱れている状態では作業に集中したくても集中することができません。

 

さすがに寝ないと体が持ちませんし、精神状態が大きく乱れている人は常に頭にそのことがよぎってしまって作業どころではなくなってしまいますからね。

 

しかし、②で話した内容に少しかぶりますが、自分が心からやり遂げたい強い強い目標であればその肉体疲労や精神疲労すら超えてしまうものです。

 

 

私自身身内の不幸が重なって、勉強どころではなかったところから、自分の強い気持ちを起こして勉強をした経験があります。

 

この時実感したのは、結局は自分の強い気持ちがあれば体は動くものなんだと実感したものです。

 

もし、今ぶれてしまう自分をどうにかしたいと考えているなら こちらの事を一つ知ってみてください。