気持ちが自立していないと自分自らモチベーションを高めて保つことができなくなってしまいます。

 

結局心は自分の持ち方次第で変えられることを知って下さい。

 

誰かに依存しながら生きている人に多いのが、その依存している人の機嫌次第で気持ちが上下に動いてしまうことです。

 

ようするに、その人の機嫌がよければ自分のテンションが上がり、期限が悪ければテンションが下がってしまうというようなことを指します。

 

このように人に影響を受けながら生活をしている人が非常に多いのは事実なのです。

 

人は人、自分は自分という言葉の通り、割り切って考えられる人がどれぐらいいるでしょうか。

 

実際のところほとんどいないのではないでしょうか?

 

人から何かをされたことでイライラしたり、気持ちが動かされることは誰だってあるのです。

 

人のご機嫌で気持ちが左右されてしまうような状態では自立してモチベーションを高めることはできません。

 

そもそも自分の自身の目標を達成しようとしているのに人が関係があるでしょうか。

 

人に気持ちを左右されてしまっていることを自覚して、ここを改めていかなくてはいけません。

 

自分は自分の達成したいことに集中したい!そして、その集中状態を作り上げることで目標にフォーカスしてやる気、モチベーションは高まってくるのです。

 

人から影響されないマインドを作る方法

人からの気持ちへの影響も自分の中でコントロールすることができるようになれば、そこに意識を取られるようなこともなくなり、モチベーションを削られるようなことも少なくなっていくでしょう。

 

今まですぐに影響されてしまっていた人が影響されない心を作っていくのは時間が必要なことです。すぐに自立したマインドを作り上げることはできません。これは日々特訓が必要になってきます。

 

1.影響者の発言を一歩引いて聞く

そのためには何より自分がその影響者よりも上にいると思い込むことから始まります。つまり、その影響者の発言をまともに受けてしまわずに、軽く受け流されるようなマインドが出来上がればいいですよね。「この人の言っていることは意味がない」「はいはい、また自分目線の話ですか」どこか自分の心の中で一歩引いた体制で聞くことができれば受ける影響を抑えていくことができます。

 

2.やっぱり大きな目標が力になる

コチラのサイトでは目標を持つことの偉大さについてずいぶんと解説してきていますが、日常生活においても全て目標が力になってくれることは間違いありません。自分が絶対に達成したい目標と絶対に達成できる道筋が見えているなら、そこに気持ちを持っていくことができるようになるのです。常に高いところを見ている人って何か手が届かないような崇高な感じがしますよね。このような上体を作り上げるためには目標が大切です。今の全てをがらりと変えれるぐらい大きな目標を持って下さい。そうすれば、今周りにいるレベルの人の影響など受けずに済むものです。

 

イメージとしてわかりやすいのがお金持ちの人をイメージすればわかりやすいでしょう。

 

お金持ちは心に余裕がある人が多いと言われているように、寛容で寛大な人が多いのです。

 

それは大きなところにマインドがあるので、小さなことに影響されることがないからでしょう。

 

コンビニ店員の態度が悪かったとイライラしたり、横断歩道で車に煽られた、ぐらいのことでは特に何とも思わないのです。

 

大きな目標を手に入れたところにあるマインドを今から作っていくことができれば人に影響されることなく、自分の気持ちを保つことができて、モチベーションを自在に高められる自分が出来上がるでしょう。

 

人の影響はもう受けない!ということを決めてみてください。これもモチベーションを上げる一つの要因となります。